年中行事

1月1日 新年祝祷会

・「一年の計は元旦にあり」といいますが、一年のはじめに当山勧請の七面大明神様に一年間の安泰を祈念させていただきます。

1月4日 新年写経会

・日本の写経の歴史は今から1300年以上前にさかのぼり仏道修行の中でも大切な修行法であります。自身の因縁を解くため、先祖供養のため、心中の諸願成就の祈念のために行われてきました。写経をして御宝前にてご祈念させていただきます。

​1月寒の入り~節分まで 開運星祭り供養

・人間が生まれながらに持つ星に供養をします。誰にでも人生には浮き沈みの波があります。そのことを星が廻るといいます。悪い星廻りの人には何事もなく無難に、良い星廻りの人にはより良い安寧が続くように寒の入りから節分まで毎日ご祈念申し上げます。

3月 節分大祈祷会

​・当山では日蓮宗大荒行堂で壱百日苦修練行に精進された修行僧をお招きするため月遅れで節分会を行います。その清浄な修行僧に水行奉納、節分豆まき、特別祈祷をしていただきます。

3月 春季彼岸会

・お彼岸とは此岸(しがん・この岸)から彼岸(ひがん・かの岸)に渡るための修行期間です。善い行いにより徳を積み一歩でも仏様に近づけるように七日間だけでも仏道修行を意識し精進し、今の自分があるのはご先祖様がいて、親、兄弟姉妹、友人、先輩後輩、同じ時間に生きる他人様まで、世の中に感謝し、善い行いの最上たる先祖供養をお塔婆をたてて致します。

5月 七面大明神お虫干大祭

・当山秘仏、西尾市指定文化財・吉良公富子夫人感得の七面大明神、年一度のお開帳の大祭です。七面大明神ご尊像は大変お美しいお姿をされております。
身延七面山本社では9月18、19日に七面大明神大祭が行われております。

7月 ほうろく祭

・ほうろく皿というお経文を書いた素焼きのお皿の真ん中でお灸を焚いて頭にのせて身体の血行を促進し、そこにお加持をすることで心身にいたずらをする邪気を得度退散します。

8月6日 盂蘭盆施餓鬼会

​・盂蘭盆ではご先祖様に、お施餓鬼では様々な原因で地獄に落ちてしまった苦しみの最中にある餓鬼にもご先祖様と同じく施しをして供養をします。お釈迦様のご誓願である一切衆生を救うお手伝いをさせていただいて成仏のための修行の一助とし共に精進しましょう。

9月 秋季彼岸会

・春季彼岸会と同じでこちらは秋の彼岸会になります。

11月 日蓮大聖人御会式、大黒天・各ご守護神香浴祭

・御会式は日蓮大聖人の御命日法要です。当山では本寺にあたる身延山が10月の消灯御命日に御会式が執り行われるためひと月遅れで御会式を行います。現在私達が法華経・お題目のおかげで救われているのは日蓮大聖人が末法の世に「一心欲見佛・不自惜身命」で仏教の中心たる法華経を弘めてくださったおかげであります。そのおかげに異体同心で報恩感謝の誠を捧げます。
・大黒天様はじめ各ご守護神様は一年間私達のために働いて下さっております。人間も1日の垢をお風呂で落とすように神様も一年間働くと垢がたまりますので、その垢を香浴(お香を焚きご神体を洗う)で落とします。そして、また一年間気持ちよく働いてご守護いただけるようにご祈念します。

​※問い合わせについて

​​各行事について、参加希望の方、興味がある方は問い合わせ欄よりメールもしくはFaxにて住所氏名をお送り下さい。案内状を送らせていただきます。

21931.jpg